市場ニュース

戻る
2016年01月08日09時07分

【市況】東京株式(寄り付き)=欧米株軒並み安を受け大幅続落のスタート

 8日の東京株式市場は売り先行のスタート、寄り付きの日経平均株価は前日比205円安の1万7562円と大幅続落のスタート。午前9時現在の東京外国為替市場では、1ドル=117円60銭台と、前日に比べて円高・ドル安での推移。中国株安・人民元安への警戒感に加え、前日の欧米株式市場が軒並み大幅安となったことを嫌気して、売りが先行する展開となっている

 7日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前日比392.41ドル安の1万6514.10ドルと大幅続落し、2015年10月2日以来約3カ月ぶりの安値をつけた。下落幅は、15年9月1日以来の大幅なものとなった。中国をはじめとした世界同時株安状態に加え、NY原油先物相場が一時、約12年ぶりの安値水準に下落したことを嫌気して売りが優勢となった。

 寄り付き時点の業種別では、鉱業、海運、輸送用機器、電気機器、ガラス・土石、ゴム製品など33業種すべてが下落する全面安商状となっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均