市場ニュース

戻る
2016年01月07日18時43分

【テク】日経平均テクニカル:大幅続落、日足のボリバンでは-2σを割り込む


7日の日経平均は大幅続落。ボリンジャーバンドでは-2σを割り込んできており、売られ過ぎ感は出てきている。また、一目均衡表では雲を下放れる格好だが、週足では雲下限レベルまで下げてきている。この雲は17700円処で横ばい推移することもあり、支持線として意識されてくる。ただし、遅行スパンは下方転換シグナルが続くほか、13週、26週線とのデッド・クロスが警戒されており、調整が長期化する可能性。週足のMACDはシグナルとのクロスで陰転シグナルをつけてきており、マイナスレンジに入ってきていることで調整が本格化しやすい。目先的なボトム形成が意識される一方で、トレンド転換には時間を要することになりそうだ。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均