市場ニュース

戻る
2016年01月07日15時52分

【為替】東京為替:ドル117円台、欧米市場では下値を模索か


日経平均株価が400円超下落し、安値引けとなったことを受け、ドル・円は足元で117円90銭付近で推移。昨年2月以降、下値支持線として意識されてきたドル・円の118円割れにより「市場のセンチメントは崩れた」(邦銀の外為ディーラー)との声が聞かれる。ドル・円は目先、下支えとなる手がかりが見当たらないことから、欧米市場では下値を模索する展開が予想されている。


なお、ドル・円は117円67銭から118円76銭、ユーロ・ドルは1.0774ドルから1.0826ドル、ユーロ・円は127円20銭から127円98銭で取引されている。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均