市場ニュース

戻る
2016年01月07日12時51分

【市況】日経平均は323円安で後場スタート、前引け値から若干下げ幅を縮小/後場の寄り付き概況


日経平均 : 17867.40 (-323.92)
TOPIX  : 1464.90 (-23.94)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干下げ幅を縮めて始まったが、その後は本日これまでの安値を更新する場面がみられている。ランチタイムの225先物Jは17820-17870円辺りでのもち合いが続いており、現物の後場スタート後は一時17800円をつけている。昼のバスケットは小幅に買い越しとの観測。円相場は1ドル118円10銭辺りでの推移。

 セクターでは33業種すべてが下げており、鉱業が4%を超える下げで下落率トップ。その他、その他金融、鉄鋼、精密機器、海運、非鉄金属、機械、輸送用機器などの弱さが目立つ。売買代金上位では、そーせい<4565>、任天堂<7974>、OLC<4661>がしっかり。中国は終日取引停止となるため底入れが見極めづらく、東京市場もリバウンドを意識しづらい状況に。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均