市場ニュース

戻る
2016年01月04日16時32分

【市況】マザーズ指数は小幅に4日続伸、テーマ株物色継続も地合い悪化で上げ渋る/マザーズ市況


 本日のマザーズ市場では、フィンテック関連を中心としたテーマ株物色の流れが継続し、マザーズ指数は一時3%近い上昇となった。ただ、外部環境への警戒感から日経平均が一時600円を超える下げとなり、新興市場でもリスク回避の売りが広がった。マザーズ指数はマイナスに転じる場面もあった。なお、マザーズ指数は小幅に4日続伸、売買代金は概算で1324.86億円。騰落数は、値上がり73銘柄、値下がり144銘柄、変わらず3銘柄となった。
 個別では、フィンテック関連のラクーン<3031>やインフォテリア<3853>、マイナンバー関連のITBOOK<3742>がストップ高まで上昇した。ロックオン<3690>は21%高で大幅に8日続伸。ビリングシス<3623>、ALBERT<3906>、エイジア<2352>、アイリッジ<3917>は10%超の上昇に。その他、SOSEI<4565>、モルフォ<3653>、アークン<3927>、ミクシィ<2121>、メタップス<6172>などが堅調だった。一方、サイバダイン<7779>、インベスターズクラウ<1435>、オープンドア<3926>、ダブルスタンダード<3925>、ブランジスタ<6176>などが軟調。また、ネオジャパン<3921>、GNI<2160>、ソネット・メディア<6185>がマザーズ下落率上位となった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均