市場ニュース

戻る
2016年01月04日12時47分

【市況】日経平均は500円安で後場スタート、下げ幅を拡大し今日の安値を更新/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18532.95 (-500.76)
TOPIX  : 1512.05 (-35.25)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から下げ幅を広げて始まった。その後も下げ幅を拡大させてきており、きょうここまでの安値を更新している。ランチタイムの225先物は一時18420円まで下げ幅を拡大させたが、同水準では下ひげを残す格好で踏ん張りをみせていた。昼のバスケットは小幅に買い越しとの観測。円相場は1ドル119円75銭あたりでの推移。上海指数は4%近い下落で前場の取引を終えている。

 セクターでは、鉱業のみが上昇しており、食料品、電力ガス、ゴム製品、倉庫運輸、情報通信、化学、輸送用機器、空運、陸運、不動産などの弱さが目立つ。売買代金上位では、主力処が総じて軟調ななか、東芝<6502>、トレイダーズ<8704>、そーせい<4565>、ラクーン<3031>が堅調。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均