市場ニュース

戻る
2015年12月30日09時17分

【材料】日本製紙が3日続伸、4~12月期営業2割減益観測も買い戻し優勢

日本紙 【日足】
多機能チャートへ
日本紙 【日中足】

 日本製紙<3863>が3日続伸、12月3日以来の2000円台復帰を果たし、マドを開けて25日移動平均線を上に抜いてきた。

 30日付の日本経済新聞が「(同社)の2015年4~12月期の連結営業利益は前年同期から2割減の150億円強となりそうだ。主力の洋紙の販売が落ち込んでいるうえ、円安で海外から輸入する木材チップなどの原燃料コストが膨らむ」と報じたが、低調な業績は11月以降の下げ相場で織り込んでおり、実質新年相場に入ってからは買い戻し優勢の流れとなっている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均