市場ニュース

戻る
2015年12月29日13時37分

【材料】国内大手証券、ノンバンクでは芙蓉総合リース、東京センチュリーリース、第一生命の順に推奨

芙蓉リース 【日足】
多機能チャートへ
芙蓉リース 【日中足】

 野村証券のノンバンクセクターのリポートでは、16年の投資環境の前提を、国内景況感安定、米金利上昇継続、日本金利横ばいとした時、15年同様、全ての銘柄が好パフォーマンスの展開は想定しがたいと指摘。

 ファンダメンタル等の差がパフォーマンス優劣に直結するとの見方で、個別では、芙蓉総合リース<8424>>東京センチュリーリース<8439>>第一生命保険<8750>>東京海上ホールディングス<8766>>東海東京フィナンシャルホールディングス<8616>の順で推奨。サブセクターの投資順位を、リース>損保>生保>証券>カード>消費者金融の順に設定している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均