市場ニュース

戻る
2015年12月29日10時34分

【経済】(中国)16年の成長率は6.7%の見通し、引き続き減速圧力


中国政府系シンクタンクである社会科学院はきのう28日、NAESマクロ経済情勢の分析会を主催した。ここでは、2016年の国内総生産(GDP)成長率が6.7%まで鈍化し、消費者物価指数(CPI)上昇率が1.3%になるとの見通しが示された。

社科院は、2015年の中国経済が「新常態(ニューノーマル)」に入っており、財政政策の強化か、柔軟な金融政策の実施、構造改革や成長モデルの転換などを通じて中国経済がソフト・ランディングを実現したと指摘。2015年の成長率が6.9%前後、CPI上昇率が1.4%前後になると予測した。

また、中国経済の減速圧力が2016年に引き続き存在するとの見方を示し、需要と供給両方から強化する必要があるとの見方を示した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均