市場ニュース

戻る
2015年12月29日08時21分

【為替】今日の為替市場ポイント:ドル・円は120円台で推移か、材料不足でポジション調整的な売買が主体となる見込み


28日のドル・円は、東京市場では120円14銭から120円61銭まで上昇。欧米市場でドルは120円21銭まで下落したが、120円38銭で引けた。

本日29日のドル・円は120円台での取引が続く見込み。有力な手掛かり材料は少ないことから、ドル・円などの主要通貨の為替取引はポジション調整的な売買が主体となる見込み。

28日に行われた米2年債入札では、最高落札利回りは前回入札の水準を上回った。2年債利回りが上昇している主な理由は、2016年に数回の利上げが行われることを市場が想定しているからである。多くの投資家は2016年に4回の利上げが実施されると予想しているが、4回の利上げによって2年債と10年債、2年債と30年債の利回り格差は段階的に縮小していくものとみられている。

一部の市場関係者は、現在1.22%(122bp)程度ある2年債と10年債の利回り格差は2017年にかけて消滅すると予想している。利上げ継続によってドル相場の上昇が予想されているが、利上げ局面が終了すれば、利回り格差は再び拡大すると予想されており、ドル高局面は終了するのではないか、との声が聞かれている。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均