市場ニュース

戻る
2015年12月25日09時27分

【特報】話題株先取り【寄り付き】(2):サイオス、ラクオリア、メディア工房、ダイトーケミなど

■サイオステクノロジー <3744>  453円  -17 円 (-3.6%)  09:06現在
 24日に発表した「和解費用2900万円が発生」が売り材料。
 子会社キーポート・ソリューションズの株主による投資契約に関する異議申し立てについて和解が成立。第4四半期に関連費用2900万円を特別損失に計上する。

■ラクオリア創薬 <4579>  323円  -12 円 (-3.6%)  09:06現在
 24日に業績修正を発表。「今期最終を赤字拡大に下方修正、対純資産で40%の赤字」が嫌気された。
 ラクオリア <4579> [JQG] が12月24日大引け後(15:30)に業績修正を発表。15年12月期の最終損益(非連結)を従来予想の18.6億円の赤字→18.9億円の赤字(前期連結は6.3億円の赤字)に下方修正し、赤字幅が拡大する見通しとなった。赤字額は前期末の純資産を40.4%毀損する規模となった。
  ⇒⇒ラクオリア創薬の詳しい業績推移表を見る

■メディア工房 <3815>  727円  -26 円 (-3.5%)  09:06現在
 24日に発表した「11月売上高は8.1%減」が売り材料。
 11月売上高は前年同月比8.1%減の1.7億円と、今期に入り3ヵ月連続で前年実績を下回った。

■ダイトーケミックス <4366>  272円  -7 円 (-2.5%)  09:06現在
 24日に発表した「船舶火災訴訟で最高裁が上告棄却」が売り材料。
 2004年10月に地中海を航行中の船舶で火災が発生した原因は同社の積み荷にあったとして、船会社や他の貨物の荷主から損害賠償を求められていた裁判で、東京高裁が同社らに対し11.2億円の支払いを命じた判決を不服として起こした上告が最高裁判所で棄却された。

■壱番屋 <7630>  5,650円  +100 円 (+1.8%)  09:06現在
 24日に業績修正を発表。「今期経常を一転2%増益に上方修正・最高益更新へ」が好感された。
 壱番屋 <7630> が12月24日大引け後(15:30)に業績修正を発表。16年5月期の連結経常利益を従来予想の46.1億円→48億円(前期は47.1億円)に4.1%上方修正し、一転して1.8%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。
  ⇒⇒壱番屋の詳しい業績推移表を見る

■UBIC <2158>  880円  +15 円 (+1.7%)  09:06現在
 24日に発表した「知財戦略システムが昭電工に導入」が買い材料。
 人工知能「KIBIT(キビット)」を用いた知財戦略支援システム「PATENT EXPLORER(パテントエクスプローラー)」が昭電工 <4004> に導入された。同システムは、先行技術調査や無効資料調査などの特許の分析業務を大幅に効率化する。

■イマジニア <4644>  1,012円  +17 円 (+1.7%)  09:06現在
 24日に発表した「人気シリーズの3DSソフトを発売」が買い材料。
 ゲーム開発子会社のロケットカンパニーがニンテンドー3DSソフト「メダロット9」を販売開始。同タイトルは累計出荷本数330万本超の大ヒットシリーズ最新作。

■あすか製薬 <4514>  1,461円  +23 円 (+1.6%)  09:06現在
 24日に発表した「抗菌薬の製造販売承認申請」が買い材料。
 イタリアAlfa Wassermann社が創製・開発した難吸収性抗菌薬「リファキシミン」について、肝性脳症の効能・効果で製造販売承認申請を行った。

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均