市場ニュース

戻る
2015年12月22日18時46分

【テク】日経平均テクニカル:小幅続落、5日線、13週線が上値抵抗に


22日の日経平均は小幅に続落。一時プラスに転じる場面もみられたが、前日の終値を挟んでのこう着が続いた。5日線が上値抵抗となり、週足では13週線が上値抵抗として意識されてきている。ボリンジャーバンドでは-1σと-2σとのレンジでの推移。一目均衡表では雲上限寄りではあるが、雲の中での推移であり、強弱感が対立しやすい。パラボリックはSAR値が切り上がってきているが、それ以上にこう着相場だったこともあり、陽転シグナルは継続している。MACDはシグナルとの乖離を保った形でのじり安形状にあり、陽転シグナル発生へのハードルはそれ程高くない。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均