市場ニュース

戻る
2015年12月16日18時29分

【テク】日経平均テクニカル:大幅反発、自律反発の域だが13週線はキープしておきたい


16日の日経平均は大幅反発。3日ぶりに19000円を回復した。前日に長い陰線をつけて一目均衡表の雲上限を割り込んでいたが、ギャップ・アップからの上昇で一気に雲上限を上回っている。また、上値抵抗として意識されていた5日線をクリアし、12/14に空けたマドを埋めてきている。ボリンジャーバンドでは-3σ辺りまで下げていたが、一気に-2σを回復し、-1σとのレンジに移行している。週足形状では、現段階で下ひげを残す格好で13週線を回復してきている。MACDは陰転シグナルが継続しているが、ようやく上向きに。パラボリックも陰転シグナルが継続しているが、SAR値は19400円近辺まで下がってきている。新値足は陰転しているが、終値で19300円をクリアしてくると、陽転シグナルが発生する。自律反発の域は脱せないが、まずは雲上限を支持線に変えておきたいところ。また、13週線をキープしておきたい。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均