市場ニュース

戻る
2015年12月15日00時05分

【為替】NY為替:リスク回避一段落、NY原油35ドル台に回復


 外為市場では原油価格がいったん下げ止まったためリスク回避の動きも一段落した。ドル・円は120円64銭から120円80-85銭へ、ユーロ・ドルは1.0965ドルから1.0990-95ドルへそれぞれじり高推移。ユーロ・円は132円44銭から132円93銭へ上昇した。


 NY原油は時間外取引で一時2009年2月来で初めて35ドルを割り込み34.53ドルまで下落。先週、国際エネルギー機関(IEA)が公表した石油市場月報の中で、「需要の伸び鈍化と石油輸出国機構(OPEC)の生産最大化により、供給過剰状態が2016年末頃まで続く」との見通しを示したほか、米国の石油輸出の可能性、フランスで開かれていた地球温暖化対策の国連の会議(COP21)で温室効果ガスの削減で合意に達したことなどが背景となる。


 その後、節目となる水準でいったん下げ止まり。米10年債利回りは2.136%から2.191%まで上昇した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均