市場ニュース

戻る
2015年12月14日12時55分

【材料】山陽特鋼が続伸、メキシコでのベアリング需要取り込みに本腰

山陽鋼 【日足】
多機能チャートへ
山陽鋼 【日中足】

 山陽特殊製鋼<5481>が続伸、上向きの25日移動平均線を再び上回り、上昇トレンドの継続を印象づける。新日鉄住金系の特殊鋼メーカーで原油市況安により原燃料コスト低下の恩恵を受ける。16年3月期は営業利益段階で前期比25.4%増予想と回復が顕著だ。
 
 また、同社は11日、メキシコでベアリング用中間製品(素形材)の新工場を設立すると発表しており、これも株価を刺激している。メキシコでは日本や欧米の資本が入ったベアリングメーカーがここ相次いで進出、中長期的にベアリング前工程の現地生産需要の拡大が期待されており、今回の新工場建設で業容拡大に対する期待が高まった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均