市場ニュース

戻る
2015年12月11日19時50分

【為替】欧州為替:ドル軟調、原油急落受け121円台


ドル・円は軟調地合いとなり、下値をうかがう展開。足元は121円70銭台で推移している。米原油先物ウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)が世界的な供給過剰を背景に売り優勢となり、一時36.13ドルまで下落したのを受け、リスク回避のドル売りが強まっているもよう。


欧州市場では、ドル・円は121円63銭から122円06銭、ユーロ・ドルは1.0937ドルから1.0970ドル、ユーロ・円は133円22銭から133円78銭で推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均