市場ニュース

戻る
2015年12月11日18時44分

【テク】日経平均テクニカル:反発、下方シグナル拒否には19700円の回復が必要


11日の日経平均は反発。直近の下げに対する自律反発の流れとなっており、ボリンジャーバンドでは-2σを上回ってきている。ただし、5日線には上値を抑えられているため、調整トレンドは継続。一目均衡表では雲のねじれに接近している状況。一方で、遅行スパンは実線の切り上がりに沿って上昇しており、遅行スパンは上方転換シグナルを継続させている。もっとも、実線は来週には19700円処まで切り上がるため、下方シグナル発生への確率の方が高そうだ。パラボリック、MACDは引き続き陰転シグナル継続。週足形状は13週線が支持線として意識されるが、終値で26週線は回復できず。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均