市場ニュース

戻る
2015年12月09日09時11分

【材料】クレセゾンがしっかり、自社株取得で持ち合い解消の受け皿に

クレセゾン 【日足】
多機能チャートへ
クレセゾン 【日中足】

 クレディセゾン<8253>はしっかり。8日取引終了後、自社株取得枠の設定を発表した。自己株を除く発行済み株式数11.41%相当の2100万株、487億2000万円を上限に9日朝の立会外取引で取得する方針。経営環境の変化に対応した機動的な資本政策の遂行を可能とする狙い。筆頭株主の、みずほ銀行が保有する2009万株強の株式売却の受け皿としての自社株買い実施となる。持ち合い株売却による株式需給関係の悪化が見込まれず、株価にはプラスに働いている。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均