市場ニュース

戻る
2015年12月08日23時47分

【為替】NY為替:ドル売り優勢、米債券利回り低下で


 外為市場では米国債券利回りの低下に伴うドル売りが加速した。原油安を嫌気した株安に連れて、安全資産としての米国債券の購入に拍車がかかった。米10年債利回りは2.242%から2.195%まで低下。2日以来の低水準となった。ドル・円は123円00銭から122円77銭まで下落し、4日来の安値を更新、ユーロ・ドルは1.0840ドルから1.0898ドルまで上昇し、4日来の高値を更新した。ダウ先物は195ドル安で推移した。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均