市場ニュース

戻る
2015年12月08日12時02分

【材料】大東建託が逆行高、欧州大手証券がレーティングを最上位に格上げ、下値余地は少ないとの見解

大東建 【日足】
多機能チャートへ
大東建 【日中足】

 大東建託<1878>が逆行高。プラススタートで始まり、やや上値は重いながらも堅調な展開で推移している。
 
 クレディ・スイス証券では、17年3月期の予想配当利回り3.3%、総還元利回りは5%となっているため、「インカムゲインの観点から下値余地は少ない」と指摘。建設事業の粗利率が改善することによって利益成長が実現するとの見方で、労務費が想定ほど上昇していないことから、17年3月期に建設事業の粗利率の改善が顕著になると予想。

 16年3月期営業利益予想を936億円から954億円(会社計画は930億円)に引き上げ。レーティングを「ニュートラル」から「アウトパフォーム」に、目標株価を1万4000円から1万5000円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース


日経平均