市場ニュース

戻る
2015年11月30日09時11分

【市況】東京株式(寄り付き)=日経平均株価は小幅続落のスタート

 30日の東京株式市場は売り先行でスタート、寄り付きの日経平均株価は前週末比26円安の1万9857円と小幅続落の展開となっている。午前9時現在の東京外国為替市場では、1ドル=122円80銭台での推移となっている。
 寄り付き前に発表された10月の鉱工業生産指数は、前月比1.4%上昇で、市場予想の1.9%上昇をやや下回った。
 27日の米株式市場では、NYダウ平均株価が前営業日比14.90ドル安の1万7798.49ドルと3営業日ぶりに反落した。感謝祭の翌日で米株式市場は時間を短縮した取引となり、市場参加者も少なく方向感に乏しい展開となった。原油先物価格の下落を嫌気して、石油関連銘柄に安いものが目立った。ナスダック総合株価指数は、前営業日比11.382ポイント高の5127.525と3日続伸した。
 寄り付き時点の業種別では、保険、海運、鉄鋼、非鉄金属が売られている。半面、電機、輸送用機器、精密機器、情報・通信は買われている。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均