市場ニュース

戻る
2015年11月26日10時02分

【材料】オークマが5連騰、1~3月期受注回復で東海東京は「アウトパフォーム」継続

オークマ 【日足】
多機能チャートへ
オークマ 【日中足】

 オークマ<6103>が5連騰で一時、8月12日以来3カ月半ぶりに1100円台を回復した。東海東京調査センターでは25日付で同社のレーティングを「アウトパフォーム」継続としている(目標株価は1500円から1210円に引き下げ)。同調査センターでは同社の10月の個別受注は前月比で減少したものの、10~12月期に受注は下げ止まり、16年1~3月期に回復することを想定している。また、クレディ・スイス証券が同日付で目標株価を1400円に引き上げたことが観測されており、株高を後押ししている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均