市場ニュース

戻る
2015年11月20日22時38分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・金子議員:日銀のデフレギャップは景気観測の役にたたない


民主・金子議員は「そんな手前味噌じゃなくて、まともなGDPギャップや潜在成長率の計算方法を検討したらどうだ?日銀のデフレギャップは景気観測の役にたたないぞ」とツイート(11/20)。

リフレ派の金子議員は日銀の景気見通しなどを厳しく批判しているようだ。「デフレギャップ」については様々な見方があるが、金子議員は日銀が考えているデフレギャップの規模はかなり小さいと見ているようだ。株式市場では12月緩和の可能性は低いが、2016年1月か2月に追加緩和が実施されるとの見方が存在している。物価上昇率2%を達成する
ために日銀はあらゆる措置を講じるべきとの見方は少なくない。政府与党の行動次第と
なりそうだ。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均