市場ニュース

戻る
2015年11月18日18時57分

【市況】18日の日本国債市場概況:長期債の気配は弱含み


<円債市場>

長期国債先物2015年12月限
寄付148円54銭 高値148円57銭 安値148円51銭 引け148円54銭
売買高総計12942枚

2年 358回 -0.02%
5年 125回 0.03%
10年340回 0.305%
20年154回 1.07%


債券先物は148円54銭で取引を開始し、一時148円51銭まで下落したが、
148円57銭まで戻した。ただし、為替相場の円安継続を意識して最後は
伸び悩んだ。現物債の取引では10年債の気配が相対的に弱含み。
中長期ゾーンのカーブは若干スティープニング気配で推移。

<米国債概況>
2年債は0.86%、10年債は2.26%、30年債は3.04%近辺で推移。
長期債利回りは若干低下。(気配値)

<その他外債市況・10年債>
ドイツ国債は0.51%、英国債は1.95%、オーストラリア10年債は2.89%、
NZ10年債は3.54%で推移。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]
・21:00 米・MBA住宅ローン申請指数(先週)(前回:-1.3%)
・22:00 ロックハート米アトランタ連銀総裁講演(NY手形交換所)
・22:00 NY連銀、クリーブランド連銀、アトランタ連銀の各総裁がパネル討論出席
・22:30 米・10月住宅着工件数(予想:116.0万戸、9月:120.6万戸)
・22:30 米・10月住宅建設許可件数(予想:114.7万戸、9月:110.5万戸)
・02:00 カプラン米ダラス連銀総裁が大学で講義(経済状況と連銀政策)
・04:00 米FOMC議事録公表(10月27-28日分)

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均