市場ニュース

戻る
2015年11月17日13時29分

【為替】東京為替:ユーロ売り継続、「モメンタムが出てきた」と外為ディーラー


同時多発テロの影響が欧州市場では限定的だったことを受け、リスク選好の動きに振れている。このため、ユーロ・ドルは午前中1.0691ドルを付けた後、足元1.0650ドル台まで値を下げている。今年4月以来の安値水準。邦銀のある外為ディーラーは「ユーロ売りにモメンタムが出てきた」と指摘し、ユーロの一段安を見込む。


ユーロ・ドルは午前中に売られ、1.0690ドルから1.0656ドルまで値を下げた。ユーロ・円は131円80銭から131円47銭まで下落し、その後はもみあう展開。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均