市場ニュース

戻る
2015年11月16日09時16分

【市況】◎欧米外為市場サマリー:米10月小売売上高は予想下回る

 13日のニューヨーク外国為替市場のドル円相場は1ドル=122円60銭前後と前日に比べ1銭のドル高・円安と横ばい圏。ユーロは、1ユーロ=132円00銭前後と同60銭強のユーロ安・円高だった。
 この日発表された米10月小売売上高は前月比0.1%増と市場予想(0.3%増)を下回った。
 また、10月生産者物価指数も前月比0.4%低下と市場予想(0.2%上昇)に比べ弱めの結果となった。これを受け、ドル売りが優勢となり、一時122円43銭までドルは売られる場面があった。ただ、売り一巡後は米利上げ観測を背景に122円98銭まで上昇した。しかし、その後、NYダウが下げ幅を拡大したことを受け、再度値を下げ122円60銭前後で取引を終えた。
 ユーロは対ドルで1ユーロ=1.0765ドル前後と同0.0050ドル強のユーロ安・ドル高だった。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均