市場ニュース

戻る
2015年11月06日08時48分

【経済】中国:天然林3分の1が消滅危機、パンダ生息地も違法伐採の被害に


国際環境保護団体のグリーンピースはこのほど、中国の天然林の3分の1が消滅の危機に面しているとのリポートを発表した。四川省のジャイアントパンダ生息地でも、「低質林の改良」との名目で、天然林約2万ムー(約13.3平方キロメートル)が伐採されたという。また、ハンカチノキやチュウゴクイチイなど「国家一級重点保護植物」も切り倒された。

グリーンピースは人工衛星画像を解析し、森林破壊の現場を特定。2013年から現在までに、計7回にわたって四川省で現地調査を行った。その結果、同省雅安市蘆山県、宝興山などで「低質林の改良」を理由に、大規模な天然林の伐採が行われていることを確認したという。いずれも世界自然遺産のエリア内だったほか、ジャイアントパンダの繁殖地も含まれていた。

こうした違法伐採は、ハンカチノキなど「国家一級重点保護植物」に対しても無差別に行われ、2015年春の段階でも続いていた。いずれも「四川省世界遺産保護条例」「中華人民共和国森林法」などの法律に違反する行為だ。「低質林の改良」を理由とした伐採が続けば、全国の天然林の3分の1が消滅する恐れがあると懸念されている。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均