市場ニュース

戻る
2015年11月02日09時23分

【材料】関電工が反落、16年3月期営業利益予想を上方修正も利益確定売りに押される

関電工 【日足】
多機能チャートへ
関電工 【日中足】

 関電工<1942>が反落。10月30日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高は従来予想の4660億円(同6.7%増)を据え置きつつ、営業利益を101億円から120億円(前期比27.8%増)へ上方修正したが、材料出尽くし感や全般相場安から利益確定売りが優勢となっている。
 上方修正は、底堅い民間建設投資を背景に、屋内線・環境設備工事が堅調に推移していることに加えて、原価低減策のさらなる深掘りが奏功するという。なお、同時に発表した第2四半期累計(4~9月)決算は、売上高2002億5100万円(前年同期比0.7%減)、営業利益58億8100万円(同31.8%増)だった。

関電工の株価は9時21分現在805円(▼53円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均