市場ニュース

戻る
2015年10月30日13時27分

【材料】大塚商会が一時10%安と急落、第3四半期の業績は想定以下との見方

大塚商会 【日足】
多機能チャートへ
大塚商会 【日中足】

 大塚商会<4768>が急落。株価は一時、前日比640円(10.3%)安の5570円まで売られた。同社は29日の取引終了後に決算発表を実施、15年12月期第3四半期(7~9月)の営業利益は47億円(前年同期比10%増)だった。市場予想(55億円前後)には達せず、「想定以下」との見方が広がった。ゴールドマン・サックス証券では、同社株のレーティングを「売り」とし目標株価は4500円を継続している。来期に対する市場の期待も高すぎる、とみている。一方、SMBC日興証券では、「期待より若干低いが順調に推移」とし投資評価の「1」と目標株価7300円を継続するなど、市場には強弱感も対立している。

大塚商会の株価は13時23分現在5710円(▼500円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均