市場ニュース

戻る
2015年10月28日11時44分

【材料】ヤクルトが小動き、米系大手証券は下半期の伸び悩みを予想して目標株価を引き下げ

ヤクルト 【日足】
多機能チャートへ
ヤクルト 【日中足】

 ヤクルト本社<2267>が小動き。高いところでは前日比30円高の6420円まで買われる場面があったものの、現在は小幅安での推移となっている。
 モルガン・スタンレーMUFG証券では、16年3月期上半期の営業利益は前年同期比32%増の220億円を見込むも、新興国通貨安の影響等から下半期営業利益は微減益と予想。中国の販売数量は10%台後半の伸びに回復しているものの、株価には織り込み済みとみて、16年3月期営業利益を439億円(市場コンセンサスも439億)と予想。
 レーティング「イコールウエイト」を継続、目標株価6700円から6200円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均