市場ニュース

戻る
2015年10月26日12時30分

【経済】国内経済の減速に対してそれなりの対応を見せる中国


 
 世界経済の成長は予想以上に鈍化するのではないか?との声が多く聞かれている。中国人民銀行(中央銀行)は23日、1年物の貸出基準金利(政策金利)を0.25ポイント引き下げることを決定した。中国の追加緩和は時間の問題との見方もあったが、専門家の間では財政出動による新たな景気対策が講じられるとの見方もあるようだ。市場関係者の間では、中国政府は国内経済の減速に対してそれなりの対応を見せているとの見方が多い。

 なお、中国の行動は日本銀行の金融政策にも影響を与える可能性がある。欧州中央銀行(ECB)は12月に量的緩和策の強化を決定するとの見方も多いだけに、日銀が金融政策の現状維持を続けることは難しくなっているのかもしれない。
《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均