市場ニュース

戻る
2015年10月23日10時20分

【為替】東京為替:株高継続もリスク選好の円売りはやや一服


ドル・円は120円75銭近辺で推移。日経平均株価は410円高で推移しているが、株高を意識したドル買い・円売りは一巡しつつある。121円には顧客筋のドル売り注文が残されているようだが、まとまった規模ではないもよう。アジア市場でドルが121円台に上昇する可能性は残されている。ドル・円は120円66銭から120円99銭で推移。


ユーロ・ドルはもみあい、1.1072ドルから1.1112ドルで推移。

ユーロ・円は伸び悩み、133円77銭から134円19銭で推移。

■今後のポイント
・国内株高を意識したドル買い・円売りはやや一服
・120円50銭以下に個人勢などのドル買い興味

・NY原油先物(時間外取引):高値45.52ドル 安値45.22ドル 直近値45.52ドル

【要人発言】
・関係筋
「日中韓会談が定例化へ、3首脳が11月合意へ(日本経済新聞)」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均