市場ニュース

戻る
2015年10月20日08時33分

【市況】もち合いレンジ内での推移が続く/日経225・本日の想定レンジ


[本日の想定レンジ]
 19日のNY市場は上昇。中国の7-9月期国内総生産(GDP)が6年ぶりの低水準となり、世界経済の減速懸念が拡大したことから売りが先行。10月NAHB住宅市場指数が予想を上振れたことなどから切り返すものの、上値の重い展開だった。ダウ平均は14.57ドル高の17230.54、ナスダックは18.78ポイント高の4905.47。シカゴ日経225先物清算値は大阪比140円高の18270円。

 シカゴ先物にさや寄せする格好から始まろうが、その後はこう着感の強い相場展開が続きそうである。そのため、このところのもち合いレンジ内での推移が続くことになる。ボリンジャーバンドでは中心値(25日)と+1σとのレンジ。前日の陰線を吸収する動きが意識され、18100-18350円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 18350円-下限 18100円

《TM》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均