市場ニュース

戻る
2015年10月19日11時14分

【為替】東京為替:ドル・円は119円30銭台で堅調推移、予想を上回る中国GDPで安心感広がる


ドル・円は119円35銭近辺で推移。本日発表された中国の7-9月期国内総生産は市場予想をやや上回る前年比+6.9%、前期比+1.8%となったことを好感してドルは一時119円60銭まで買われた。日経平均株価の下げ幅は縮小しており、株安を意識したリスク回避的な円買いは縮小している。ドル・円は119円15銭から119円60銭で推移。


ユーロ・ドルはややしっかり、1.1352ドルから1.1377ドルで推移。

ユーロ・円は下げ渋り、135円47銭から135円95銭で推移。

■今後のポイント
・中国7-9月期GDPは予想を上回る
・株安を意識したリスク回避的な円買いは限定的との見方

・NY原油先物(時間外取引):高値47.49ドル 安値46.99ドル 直近値47.09ドル

【要人発言】
・中国当局
「1-9月期の不動産開発投資は+2.6%」

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均