市場ニュース

戻る
2015年10月15日12時56分

【市況】日経平均は143円高で後場スタート、一段高の展開に/後場の寄り付き概況


日経平均 : 18034.07 (+143.07)
TOPIX  : 1484.05 (+13.22)

[後場寄り付き概況]

 日経平均は前引け値から若干上げ幅を広げて始まったが、一段高の展開に。ランチタイムの225先物は18000-18060円辺りでの推移。昼のバスケット売り買いトントンとの観測。円相場は1ドル119円ちょうどと、朝方からはやや円安に振れて推移している。

 指数インパクトの大きいところでは、KDDI<9433>、ソフトバンクグ<9984>、テルモ<4543>、ファナック<6954>、アステラス<4503>、塩野義<4507>辺りがしっかり。一方で、旭化成<3407>が12%超の下落となっており、売買代金でトップに。

 セクターでは医薬品、ゴム製品、サービス、その他製品、パルプ紙、情報通信、証券などが堅調。一方で、海運、繊維、食料品、保険、化学などが小安い。規模別指数は大型、中型、小型株指数がいずれも2ケタの上昇となり、中小型の強さが目立つ。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均