市場ニュース

戻る
2015年10月15日11時03分

【材料】レナウンが続落、赤字幅縮小も買い安心感にはつながらず

レナウン 【日足】
多機能チャートへ
レナウン 【日中足】

 レナウン<3606>が続落。売り優勢で始まり、安いところでは前日比7円安の141円まで下落。その後もマイナス圏で推移している。
 同社は昨日引け後、16年2月期第2四半期累計(3~8月)の連結決算を発表。売上高は前年同期比2.2%減の311億7500万円となり、営業損益は前年同期の18億3300万円の赤字から16億9000万円の赤字に、赤字幅が縮小した。ショッピングセンターやEコマースにおける販売は堅調に推移したものの、主力販路の百貨店や総合スーパー向け販売が苦戦した。ただ、原価低減などによる売上高総利益率の改善や販売費及び一般管理費の削減により、営業損失は前年同期に比べ改善した。
 赤字幅縮小となったものの、引き続き大幅赤字を計上しているため、買い安心感にはつながっていないようだ。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均