市場ニュース

戻る
2015年10月14日09時56分

【為替】東京為替:ドルは119円53銭まで下落、東京株の下げ幅拡大が意識される


ドル・円は119円57銭近辺で軟調推移。日経平均株価の下げ幅は一時300円を超えており、株安を意識したリスク回避的なドル売り・円買いの取引が散見されている。ただし、投資家の多くは中国株の動向を気にしており、上海総合指数が下げ渋った場合、リスク回避のドル売り・円買いは縮小するとの見方が多い。ドル・円は119円53銭から119円81銭で推移。


ユーロ・ドルは伸び悩み、1.1378ドルから1.1395ドルで推移。

ユーロ・円はもみあい、136円18銭から136円38銭で推移。

■今後のポイント
・東京株の下げ幅拡大を意識したドル売り
・中国株の動向に注目

・NY原油先物(時間外取引):高値46.79ドル 安値46.58ドル 直近値46.65ドル

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均