市場ニュース

戻る
2015年10月13日13時53分

【経済】中国:日本人「スパイ」4人目、上海で女性拘束


中国国家安全部が、上海でスパイ容疑の日本国籍女性を拘束した。今年5月以降、同容疑で中国当局に拘束された日本人は4人目となる。現地メディアが11日、日本の報道を引用して伝えた。
関連当局に取材したところ、「現在取り調べ中」として詳細な情報を得られなかったという。中国外交部は9月30日、中国でのスパイ活動の疑いで、日本国籍の2人を逮捕したと発表している。
一連のスパイ事件について、日本政府は一貫して認めず、逮捕者を「民間人」と称している。日本のメディアも「公安調査庁の情報提供者」で、スパイではないと報じた。一部の日本メディアでは、中国で昨年、「スパイ防止法(反間諜法)」が可決されて以降初の外国スパイ摘発事件となるため、重刑が科される恐れがあると伝えている。
清華大学現代国際関係研究所の劉江永副院長は、「中国が日本のスパイを続けて逮捕したのは、日本に対する警告だ。中国は法治国家であり、日本人が中国で合法的な産業活動に従事したり、観光旅行することは歓迎する。しかし、違法活動を行えば、当然、法的な制裁を受ける」と語った。

【亜州IR】

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均