市場ニュース

戻る
2015年10月13日12時26分

【材料】豊田織が反落、米系大手は上期会社営業利益計画600億円は過達できるとの見解

豊田織 【日足】
多機能チャートへ
豊田織 【日中足】

 豊田自動織機<6201>が反落。前週末比210円(3.3%)安の6160円まで売られる場面があった。ゴールドマン・サックス証券が同社についてリポートをリリースしている。
 同証券は、同社の16年3月期第2四半期営業利益を340億円と予想したうえで、エンジン事業はIMV向けが当初見通しより弱含みで会社計画下振れも、産業車両事業は各市場とも計画線であることなどから、減速感は観察されていない模様だと指摘。コンプレッサー事業も堅調に推移しているため、上期会社営業利益計画600億円は過達できるとの見解を示している。目標株価は8200円から8100円へ引き下げられたものの、投資判断は「買い・コンビクション」を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均