市場ニュース

戻る
2015年10月08日08時15分

【材料】日本アジア投資---投資支援先の洸陽電機が雲仙市の温泉発電を開始

アジア投資 【日足】
多機能チャートへ
アジア投資 【日中足】


日本アジア投資<8518>は2日、同社の投資先として支援する(株)洸陽電機(本社:神戸市東灘区)が、長崎県雲仙市の「小浜温泉バイナリー発電所」にて温泉発電を開始したと発表。

「小浜温泉バイナリー発電所」は、3年間にわたり環境省の温泉発電実証事業の後、2014年6月に洸陽電機が発電所を買い取った。スケール対策や高効率化の改善工事を行い、今般事業運転を開始。年間売電量は一般家庭220世帯分の電力に相当する792,000kWh、年間売電額は3,168万円を見込む。発電した電力は、洸陽電機が一部を買い取り、地域内外へ供給する。同発電所では、洸陽電機と地域の代表法人である一般社団法人小浜温泉エネルギー(長崎県雲仙市小浜町)が主体となり、地域と共同で行う町おこしの発電事業を目指す。

同社グループは、洸陽電機の成長のための支援を引き続き行っていく考え。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均