市場ニュース

戻る
2015年10月07日03時53分

【市況】NY原油:続伸で48.53ドル、米国の生産減少やOPECの市場改善見通しで買い


NY原油は続伸(NYMEX原油11月限終値:48.53↑2.27)。46.46ドルから48.63ドルまで上昇した。米エネルギー情報局(EIA)が公表した月次短期エネルギー見通しで、国内の9月の原油生産(日量)が8月に比べて減少し、減少傾向は2016年半ばまで続くと予想していることが、買い材料になったとの見方。


また、石油輸出国機構(OPEC)のバドリ事務局長が、石油市場は改善しているとの見解を示したことや、ロシアがシリアで空爆を開始してから高まりつつある中東での地政学的リスクへの懸念なども、原油の買いにつながったもよう。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均