市場ニュース

戻る
2015年10月02日09時41分

【材料】スクリーンが3日ぶり反落、三菱UFJMS証券が「アンダーウエート」継続、目標株価と業績予想を引き下げ

スクリン 【日足】
多機能チャートへ
スクリン 【日中足】

 SCREENホールディングス<7735>が3日ぶり反落、一時前日比17円安の580円まで売られている。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が1日付でレーティング「アンダーウエート」継続、目標株価を600円から500円に引き下げた。第2四半期のSE(半導体製造装置)受注は会社計画の380億円に対して同証券では350億円と若干の未達を予想。今16年3月期は通期連結営業利益で会社側計画の195億円(前期実績171億6700万円)に対して従来予想の191億円から189億円へ、来期予想を159億円から152億円へ引き下げている。

スクリーンの株価は9時33分現在588円(▼9円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均