市場ニュース

戻る
2015年10月01日16時13分

【特集】全国保証 Research Memo(8):15年3月期は会社予想を上回る過去最高の収益・利益に


■決算動向

(2) 2015年3月期決算の概要

全国保証<7164>の2015年3月期の業績は、営業収益が前期比の9.1%増の29,507百万円、営業利益が同62.5%増の22,380百万円、経常利益が同55.5%増の24,115百万円、当期純利益が同61.1%増の15,112百万円と修正後の会社予想を上回る増収増益となり、過去最高の収益及び利益を更新した。

消費増税に伴う駆け込み需要の反動減の長期化により新設住宅着工戸数が伸び悩むなかで、提携金融機関数を順調に増やしたことなどから、保証債務残高が9兆1,597百万円(前期末比6.3%増)に拡大したことが増収に寄与した。また、営業利益が計画を大幅に上回ったのは、増収による利益の底上げに加えて、代位弁済の発生が低位で推移したことなどから、与信関連費用が想定を大きく下回ったことに起因するものである。

財務面では、総資産が流動資産(金銭の信託)の増加等により213,970百万円(前期末比9.3%増)に拡大したが、それ以上に自己資本も内部留保の積増しにより60,493百万円(前期末比27.9%増)に増えたことから、自己資本比率は28.3%(前期末は24.1%)に改善した。一方、負債については、保証債務残高の伸びに伴って前受収益が長短併せて136,119百万円(前期末比5.7%増)に増加したものの、流動比率は521.7%の極めて高い水準を維持している。また、ROEも利益率の上昇等に伴い28.0%(前期末は21.7%)と上昇した。したがって、財務内容は引き続き優良な状態にあると評価することができる。

提携金融機関数は、銀行が8、信用金庫が3、信用組合が1、JAが8、その他が1の合計21機関と新規契約を締結したことで709機関(前期末比17機関増)に拡大した。なお、新規契約した銀行8行※とは、メガバンク1行に加えて、地方銀行、第二地方銀行などであり、今後の取引拡大が期待できる先と捉えることができる。
※新規提携銀行8行:
第三銀行
北洋銀行
紀陽銀行
池田泉州銀行
三菱東京UFJ銀行
武蔵野銀行
名古屋銀行
京都銀行

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均