市場ニュース

戻る
2015年09月29日13時35分

【市況】13時30分時点の日経平均は620円安、東証1部銘柄の9割超が下落


13時30分時点の日経平均は前日比620.14円安の17024.97円。後場一段安の展開で、一時671.74円安の16973.37円まで下げ幅を拡大している。その後は17000円の攻防に。日経平均が3.5%安となるなか、東証2部、ジャスダック平均は1.8%程度の下落と下げ幅は相対的に小さくなっている。

東証1部の値下がりは1793銘柄と全体の9割超に。売買代金上位銘柄では、みずほ<8411>、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>のメガバンク3行や三井物<8031>、東電<9501>、トヨタ<7203>、日本郵船<9101>、ソニー<6758>、東芝<6502>などが後場に入って本日の安値を更新している。

(先物OPアナリスト 篠田悠介)

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均