市場ニュース

戻る
2015年09月28日19時00分

【テク】日経平均テクニカル:MACDは陰転シグナル発生が意識されやすい


28日の日経平均は反落。プラスに転じる局面もみられたが、5日線に上値を抑えられる格好で下げに転じている。結局はこれまで同様、ボリンジャーバンドの-1σを挟んでの推移となり、先週の価格レンジ内でのこう着だった。MACDはシグナルとの乖離が縮小しており、陰転シグナル発生が意識されやすい。一目均衡表は転換線に上値を抑えられているほか、遅行スパンは実線の下げに沿った形で推移しているため、下方シグナルが長期化。週間形状では雲上限が上値抵抗して意識される格好となり、雲の中での不安定な局面に入っている。週足形状は直近の下ひげを活かすことができず、ボリンジャーバンドでは下降する-1σと-2σとのレンジに。短期トレンドのボトム形成が見極めづらいなか、中期トレンドの調整色が強まってきている。
《SY》

 提供:フィスコ

日経平均