市場ニュース

戻る
2015年09月24日15時31分

【材料】UBICが「高解像度分析(仮)」に関連する日本での特許査定を取得

フロンテオ 【日足】
多機能チャートへ
フロンテオ 【日中足】

 UBIC<2158>がこの日の取引終了後、「高解像度分析(仮)」に関連する特許査定謄本を日本で特許庁から受け取ったと発表した。
 「高解像度分析(仮)」は、これまで文書単位で行っていた、ある所定のキーワードを含むか否かという分析を、文書内の段落単位で行うことで、より実態に即した文書の差を把握する技術。これにより、同じキーワードを含んでいても本来性質が異なる文書についてその差を認識し、分析結果に反映させることが可能になったという。なお、同機能は、企業が保有するビッグデータ解析のためのプラットフォーム「Lit i View(リット・アイ・ビュー)」の各製品に搭載され、特許文書の分析など、文書間の差異の把握がより精緻に求められる業務での活用を予定しているという。


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均