市場ニュース

戻る
2015年09月24日12時24分

【材料】リアルワールド---業績予想を下方修正、提携戦略の収益化が想定より遅れも来期以降の拡大に期待

リアルワルド 【日足】
多機能チャートへ
リアルワルド 【日中足】


リアルワールド<3691>は18日、2015年9月通期の業績予想の修正を発表。売上高で前回予想比8.75%減の36.50億円、営業利益で同50.0%減の1.50億円、経常利益で同53.3%減の1.40億円、当期純利益で66.7%減の0.5億円に修正。クラウドソーシング分野は2015年 9 月期第 3 四半期累計の売上高が、822 百万円(前期売上高 259百万円、前期比 216%増)と順調に伸長しており、推進している提携戦略により提携企業数が拡大したことで、各提携先と取り組む新規領域の規模をより拡大するために当初の計画よりも複雑なシステム構築が必要になった。これにより当初の想定よりも提携領域での立ち上げ時間を要したことで収益化に遅延が生じた。また、クラウドソーシングの新領域におけるテストマーケティングにかかわる先行投資を行ったことで費用が発生したことが影響した。

ただ、提携戦略は順調なことから、遅れが生じた収益も来期以降には実現が見込まれる。クラウドソーシングの新領域も立ち上がれば、大幅な増収増益基調が期待されるだろう。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均