市場ニュース

戻る
2015年09月22日20時14分

【為替】欧州為替:主要通貨は対円での売り一服、米債利回りの下げ止まりで


欧州株の全面安が続くなか、ドルやユーロなど主要通貨の対円での売りは一服したもよう。米10年債利回りが下げ止まったことが主要因とみられる。ただ、主要通貨は安値圏での推移が続いており、同利回りが再び低下すれば売りが強まる見通し。


欧州市場で、ドル・円は119円70銭から120円14銭、ユーロ・ドルは1.1158ドルから1.1208ドル、ユーロ・円は133円68銭から134円34銭のレンジで推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均