市場ニュース

戻る
2015年09月22日04時21分

【為替】9月21日のNY為替概況


 21日のニューヨーク外為市場でドル・円は、120円66銭まで上昇後、120円24銭へ反落した。ブラード・セントルイス連銀総裁、ロックハート・アトランタ連銀総裁、ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁などの発言を受けて、年内の利上げ観測を受けたドル買いが再燃。

ユーロ・ドルは、1.1255ドルから1.1181ドルまで下落した。フランスの格下げ、根強い欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)拡大観測を受けたユーロ売りが優勢となった。ユーロ・円は、135円56銭から134円77銭まで下落。

ポンド・ドルは、1.5550ドルから1.5481ドルまで下落した。

ドル・スイスは、0.9740フランまで上昇後、0.9680フランへ反落した。

[経済指標]・米・8月中古住宅販売件数:531万戸(予想:550万戸、7月:558万戸←559万戸)

《KY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均