市場ニュース

戻る
2015年09月21日20時11分

【為替】欧州為替:リスク回避は小休止、ユーロは弱含み


欧州株式市場で主要株価がプラス圏で推移しているほか、米ダウ先物指数が上昇していることなどを受け、リスク回避の動きがやや弱まっている。ユーロ・ドルは欧州市場で一時1.1330ドルまで上昇したが、その後は売りに押される展開。足元では1.1280ドル付近で推移している。一方、ドル・円は堅調地合いが続き、120円46銭まで上昇。ただ、この水準以上になると売りが出やすくなるとみられる。


欧州市場で、ドル・円は120円04銭から120円46銭、ユーロ・ドルは1.1274ドルから1.1330ドル、ユーロ・円は135円59銭から136円14銭のレンジで推移している。

《TY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均